「月面や火星等に生命と文明がある」 - 2008

「米国NASAや欧州宇宙機関等の宇宙探査衛星写真等、火星や月面等の生命存在のスクープ画像を提供」




[PR]



2008年11月20日(Thu)▲ページの先頭へ
映像「土星上空を飛行する巨大葉巻型宇宙母船の映像」


映像土星上空を飛行する巨大葉巻型宇宙母船の映像
         イタリア「ネクサス」誌 提供写真



「宇宙人文明と爬虫類人達との宇宙戦争」34聖母マリア

宇宙人文明(金星)からの高貴な宇宙人のメッセージ

「宇宙人文明と爬虫類人達との宇宙戦争」聖母マリア様
私達、金星に住まう者達にとりましては昨年からの数多くの爬虫類人達からの殺戮や猛毒の混入、幼児誘拐と吸血行為による殺人等、数え上げますればきりが無い程の犯罪に遭って参りましたがようやく私達の金星文明も平和がやって参りました。金星人達の多くの者達の御努力でやっと此処まで参りましたが私達にとりましては全く昨年の夏、秋からの爬虫類人達の軍事攻撃は

晴天の霹靂で御座いました。しかし現在では私達の金星の空軍、陸軍の色々な御努力によりまして数多くの銀河の惑星人達の文明や人命を爬虫類人達の攻撃から救援し援助するまでに至りました。このまま進めますれば多くの近隣の銀河の方々のお命をも軍事的援助が完成する事となります。私達の金星の者達や私達の太陽系の各惑星の方々や3000以上にも上ります賢者会議

の御メンバーの方々の軍事的な大きな御協力によりましてアヌンナキ銀河や爬虫類人達(トカゲの進化した者で人間ではない)の全面的な壊滅状態を目前に致しております。今後も私達、近隣の銀河の宇宙人達は一致結束して爬虫類人達の全面的な殲滅を目指しております。実は私達の数多くの銀河系の数は実に約48銀河系に及んでおります。実際、私達の銀河系の近くに

アヌンナキ銀河が存在致します。そのアヌンナキ銀河が2個ありまして、その両側にアヌンナキ人達に侵略攻撃をされた銀河が2箇所ありますが私達の44箇所にも上ります宇宙人達の進化した惑星文明人達は一致団結を致しましてこれ等のアヌンナキ爬虫類人達と戦っています。私達はこのままでは数年間の内にもこれ等の44箇所にも上ります進化した惑星文明人達の文明も

レプティリアン関係記事http://hyouhei03.blogzine.jp/tumuzikaze/2008/03/post_f0c1.html
侵略され占領の憂き目に遭ってしまいますので命懸けで空軍も陸軍も戦っています。多くの事柄は軍事的な機密がありますので言及する事は出来ませんが今後、数多くの銀河系や惑星で軍事的に解放されて行く事と思っております。地球の地軸の傾斜は約半年間、延期をされましたし空中携挙も同様に延期をされております。テレパシー等で空中携挙が許可されました方々は

躊躇されませんように御乗船下さいませ。私達は今後も地球人達の守護者として多くの地球人の方々の進化の為の御手伝いを進めたく思っておりますし貴方方は天主様(創造主)の御子としての進化の大道ずたいに歩かれます事を心より望んでおります。

「著者注意」

「覚醒者の追加空中携挙」

最新の情報では空中携挙されます方々の追加の人選が今後も行われますので改めて多くの方々の宇宙哲学的な学習をお願い致します。貪欲、利己主義、拝金主義、支配欲等を取り除き心と宇宙の意識を一体化して慈悲と奉仕に生きられる生活を望みます。今生で報われ無くても来世で報われる事もありますので宇宙哲学的な学習に精を出して頂きたい。

「地軸の傾斜」

現在2010年7月下旬頃には地球上での北極や南極での急激なポールシフト(3000m〜4000mの巨大津波)発生を防ぐ為に宇宙母船が48機ずつ計96機、配備されていたが今年8月の初めの時点では宇宙母船の数は倍増されている。つまり両極地に96機ずつの宇宙母船が地球上での急激な地軸の傾斜を防いでいる。そうでなかったら巨大津波で地球人は全滅している事だろう。原因は過去の原水爆実験での急激な地軸の傾斜が予想されそれを防いでいた経緯がある。 2010年8月14日現在


映像動画、「宇宙戦争?関連下記のサイトの紹介」
(著者注意、かなり昔の映像のようです現在の地球上の宇宙空間ではこういった事はあまり発生しませんし完全に銀河系の賢者会議の艦船に守られています)

http://vids.myspace.com/index.cfm?
fuseaction=vids.individual&videoid=41023074



宇宙哲学HP「永遠の生命」 

人間の進化向上の為の宇宙的な生命、哲学の啓蒙書で過去世を思い出す方法やテレパシーの送受信方法や人間の心と宇宙の意識(叡智、命、魂、神等)との一体化を経て永遠の生命を習得する方法が記載されており、又、火星や金星、月面等の他の惑星の生命存在を示す米国NASAの探査衛星写真等や葉巻型宇宙母船やUFOが多数掲載されています。(宗教団体と無関係)

http://www.geocities.jp/eiennoseimei3/index.htm

過去記事集「大自然を愛し人間の目的を探求」ブログ

下記のサイトは生命の科学、テレパシー、宇宙哲学の学習目的の専用ブログで皆様方の覚醒や進化向上と、また心と宇宙の意識(命)との一体化や超能力等を促進させるもので自己の過去世を思い出したり新しい文明への残留者を目指す方々の指針となる啓蒙書です。

http://eien.blogoo.ne.jp/

「聖母マリア、イエスキリスト、賢者のメッセージ」 宇宙人文明(金星)からのメッセージ、ブログ

聖母マリア、イエスキリスト、賢者の各、師から著者、中尾達也に直接、連絡して頂いたメッセージを当ブログを通じて皆様にお伝えするもので地球史上で初めての内容の記事もあります。彼ら宇宙人文明の金星人達によりますと新約聖書の「最後の審判」が近未来に発生すると言明されています。新しい宇宙的な文明(御国)も近いようですので皆様方がエゴ、貪欲、利己主義、怒り等を取り除かれて心と宇宙の意識を一体化を実現して覚醒と進化されます事を念願しています。
(宗教団体と無関係)

http://eien333.meblog.biz/

「宇宙人文明の衛星映像とUFO」衛星画像ブログ
米国NASAや欧州宇宙機関等の惑星探査衛星の映像による太陽系内惑星に宇宙人達の文明があり証拠となる火星や月面等の宇宙人達の建築物や住宅街、UFO,湖、植物群、ピラミッド、河川等の衛星映像を満載。

http://eien3.jugem.jp/


2008年10月24日(Fri)▲ページの先頭へ
スクープ映像「金星の丘陵地の建築物群と林、映像」


スクープ映像「金星の丘陵地の建築物群と林、映像」

金星探査機の金星のクローズアップ映像だがよく観察すると右側の矢印の付近に飛行機型の建造物が見える。右側の上部は丘陵地で斜面には坂道が数本、確認出来る。斜面の近くには植物群が写っている。更に左側の中央から下部に長方形の金星のビル群が確認出来る。衛星画像を見慣れた人にはよく解かる映像だ。




「テレパシー想念を受信するには」 著者過去記事、再録

人間の想念波は光のスパークのように、全ての方向へ、光より早く進行し各所で影響を与えています。外国、間や惑星間でもテレパシー通信は使用が出来ます。テレパシーの受信の基礎としては、まず人間の心の喜怒哀楽やイライラ、恐怖等の状態を排除する事で、これら心の想念の状態は貴方の本体という、鏡にペンキやクレヨンを塗っている様なもので、想念という鏡が見えなく写らないからです。

心が静寂で波立っていない、バランスや均整のとれた落ち着いた状態にする事、それと自分の想念を話中に、しない事です。丁度、2個の音叉が共に共鳴するように、自己維持や保身等の想念で自我に対する過度の集中を、緩めて開放するのです。すると肉体内の、各細胞は解放されて携帯電話やテレビのように、万物から各種の印象を受信する事が出来るようになります。

つまり自然体で平安と調和のとれた、精神の状態で生活する事が、テレパシーの受信には大切です。 人体の細胞の一個々は携帯電話やテレビと同様で印象を送受信が出来ます。何時も貴方の使用している、考えたり思ったり、している場所、それが貴方の想念帯ですが、この領域に色々な想念や感情等の各種の印象が入って来るのです。

自分の想念と他人の想念と間違えることが、ありますので注意が必要ですが・・その時に外界から想念や感情や映像等が入って来たら、その時だけでも、自分の心の話中を止めて、少しの間、それらの印象波動に聞き耳を立てるのです。すると色々な想念波動等が得られるのです。

地球人の場合のテレパシーの印象は、まず相手の方のお顔の姿が心のスクリーンに写ります。そして想念と感情が入って来ますが、電話で早口で喋って、すぐ、切ってしまう感じがしますが、普通の方はテレパシーを理解されていないので無理もありませんが、相手の方の心の裏側の気持ち迄、筒抜けに解かって、しまいますので、寛大さと忍耐心が必要に、なります。

何故なら普通の方は不和、分裂、非難等の想念が多いからです。進化向上をしようと思えば、テレパシー能力を身に付けるべきです。進化された惑星の方々とのテレパシーの送受信は全く電話での会話と同様で、言葉もはっきりしていて全く明瞭でなんら問題は、ありませんし、映像が伴う事もあります。

大切な事は自分の想念と似通った波動や想念を引き付けますので、宇宙的な気高い高貴な想念感情(愛・慈悲、奉仕、信念、感謝)等を自らが持つ必要があります。類は類を呼ぶからです。テレパシーの基本は自我の克服と欲望の克服がポイントになります。つまり心配や気苦労や恐怖等、明日のことを思い煩うなと云えます。

そうすれば貴方の本体の鏡はピカピカになり、あらゆる波動や印象を受信する事になります。それは又、貴方の内部の宇宙の意識(叡智、命、神)の印象の声や映像がよく心に感受が出来る事を意味します。
小動物等はこれらのテレパシーの能力を持っています。


宇宙哲学HP「永遠の生命」 更新中
http://www.geocities.jp/eiennoseimei3/index.htm

過去記事集「宇宙哲学、人間の目的と義務」ブログhttp://blog.oricon.co.jp/eien3/

「聖母マリア、イエスキリスト、賢者のメッセージ」 宇宙人文明(金星)からのメッセージ、ブログ http://eien333.meblog.biz/

「宇宙人文明の衛星映像とUFO」衛星画像ブログ
http://eien3.jugem.jp/





2008年10月19日(Sun)▲ページの先頭へ
スクープ映像、金星の川岸に建築物と植物群の映像

映像は スクープ金星の川岸に建築物と植物群の映像

カテゴリー 惑星画像 金星画像 金星映像

「金星の探査衛星画像のクローズアップ映像だが、よく観察して画像を見ると手前に川が流れている。川の両岸あたりに植物群があり右側の川の向こう岸には灯台型の建築物が写っている。更に左側には優美な建物が数軒、建っていて周囲には林のような植物群が写っている。金星には高度な文明が存在する証拠になる探査衛星画像だ」

  


2008年08月22日(Fri)▲ページの先頭へ
映像「*金星人達の都市のビル群が写っている」
映像「*金星人達の都市のビルが写っている」探査衛星画像

金星探査機の衛星画像のクローズアップ映像で中央の右側は金星の特徴のあるピラミッド映像だが何故かメキシコのチェチェンツアのピラミッドによく似ている不思議だ。問題は奥にある映像だがよく観察すると金星のビル群が写っている。金星人達の都市のビル群の風景であるこの映像に濃淡を付ければもっとよく見えるのだが・・

他の惑星文明や金星人達の文明について

この大陽系の各惑星には評議員団があって諸問題を調整したり生活物資や資源等を世話したりしています。宇宙人達は個人的な哲学と倫理観が高度なので法律は必要がありません。評議員団には老若男女などが奉仕をしています。また他の惑星系などに旅行をする人達もいて他の惑星上での出来事や情報を収集しています。こうして知識の交流で宇宙人達は絶えず宇宙の出来事に

付いて多くの事を学んでいます。当然、地球にも彼らは来ていて地球人を色々な分野で援助をしていますが彼等は我々と同じ人種や顔姿をしています。金星人の建築物の構造や大きさ、デザイン等の相違は地球と同じく金星でも様々です。金星人も家屋や家具のデザインに対する趣味や好みを持っていて各人の住む地域は職種によって決まっているようで地球とよく似ています。

金星人達の宇宙船や寺院には無限の生命を現わす創造主の肖像画が掲げられていて宇宙の叡智によって促進される宇宙の驚異や宇宙の各太陽系や銀河系の働きの完全な同じような活動等に付いて研究されています。彼等は万人に対して最大の尊重感と敬意を払っています。ピンセットやメスを作っている職人は癌を治す名医と同じほどに高く尊敬されています。あらゆる人々が

相互依存で助け合って社会が成り立っていて各人は同等に等しいからです。金星人達は自然界の生物や物質等を詳細に観察し研究して創造主(宇宙の叡智)が母なる惑星に孕ませて物質や生物を生み出してそれら万物に宇宙の息を吹き込みそれによって生物や物質は成長し相互に奉仕し合い役立ち合っている事を認識しています。彼ら金星人達はテレパシー等の能力による感受力

が高い為に植物の葉の鼓動や大地や岩等の呼吸を感じる事が出来ます。彼らの理解している事は宇宙の全人類は宇宙の息(宇宙の叡智、父)の現われであり、その息が各人に生命とエネルギーと叡智を与えている事を理解しています。彼等は植物、小鳥、動物、岩石等の働きを研究して、これらが創造された目的や奉仕活動を遂行している様子を観察や研究をしていますので

自然とは創造主自身の宇宙の法則の働きであると結論しています。ですから宇宙の大自然界は至上なる叡智の母(母性原理)であると言えます。至上なる叡智(創造主の父性原理)が現象化するのはこの母を通じてであるからで自然界の母体が孕んでいる小さな幼児に必要な栄養素を供給します。母なる自然は生物や物質等の必要物を母体から生み出します。こういった

自然界の詳細な観察により金星人達は地球人よりも創造主(父)とその自然界の奉仕活動や目的等をよく理解し認識しています。万人は宇宙の叡智の現われでありお互いに尊重され敬われています。宇宙間の平和や人類の尊厳についてまた創造主や万物や宇宙の法則や原理について卓越した見識と理解を持たれており犯罪や戦争や病気、通貨制度等は無く進化した宇宙的な科学と宇宙哲学の融合した素晴らしい文明となっており金星文明は実際上の天国になっています。彼ら金星人達の寿命は約200歳〜800歳位です。

写真提供、米国、nasa,ロシア宇宙局、中日新聞本社、平安書店、学研、ユニバース出版、国立天文台、徳間書店、欧州宇宙機構、The Horizon

「参考文献」

新約聖書、旧約聖書、新アダムスキー全集、著者Gアダムスキー訳、久保田八郎 元、日本GAPニューズレター著者、久保田八郎(絶版、)仏典、ムー、学研 その他

金星人達の詳細記事はGアダムスキー関係の書籍が各地の図書館の蔵書でありますし「アダムスキー全集」として中央アート出版刊で
・・

下記のURLで近隣惑星の高貴な宇宙人達の緊急メッセージを掲載中
・・http://nakaotatsuya3.noblog.net/blog/a/10312603.html

宇宙哲学HP「永遠の生命」
人間の進化向上の為の宇宙的な生命、哲学の啓蒙書で過去世を思い出す方法やテレパシーの送受信方法や人間の心と宇宙の意識(叡智、命、魂、神等)との一体化を経て永遠の生命を習得する方法が記載されており、又、火星や金星、月面等の他の惑星の生命存在を示す米国NASAの探査衛星写真等や葉巻型宇宙母船やUFOが多数掲載されています。(宗教団体と無関係)

http://www.geocities.jp/eiennoseimei3/index.htm

「人間の目的と義務」宇宙哲学、投稿記事ブログ
http://d.hatena.ne.jp/eien3/


2008年08月01日(Fri)▲ページの先頭へ
スクープ「火星人達の住宅街映像」
スクープ「火星人達の住宅街映像」

火星探査機マーズグローバルサーベイヤー撮影でオポチュニティ地点の付近のクローズアップ映像だが、これは火星の住宅街、映像で中央部分等の黒色の濃い部分は樹木群で、よく観察してみると小さく四角い箱型の建築物に多
くの窓が確認出来る衛星画像だ。火星の街も過密な住宅街だ。

・・下記のURLで近隣惑星の高貴な宇宙人達の緊急メッセージを掲載中・・

http://nakaotatsuya3.noblog.net/blog/a/10312603.html

宇宙哲学HP「永遠の生命」人間の進化向上の為の宇宙的な生命、哲学の啓蒙書で過去世を思い出す方法やテレパシーの送受信方法や人間の心と宇宙の意識(叡智、命、魂、神等)との一体化を経て永遠の生命を習得する方法が記載されており、又、火星や金星、月面等の他の惑星の生命存在を示す米国NASAの探査衛星写真等や葉巻型宇宙母船やUFOが多数掲載されています。(宗教団体と無関係)

http://www.geocities.jp/eiennoseimei3/index.htm

人間の目的と義務」宇宙哲学、投稿記事ブログhttp://d.hatena.ne.jp/eien3/


2008年05月12日(Mon)▲ページの先頭へ
スクープ映像、金星人の宮殿風の建築物映像
スクープ映像、金星人の宮殿風の建築物映像
金星人の宮殿風の建築物映像
「スクープ映像」・・金星人の宮殿風の建築物映像金星の探査衛星画像のクローズアップ映像だが金星人の宮殿風の建築物が写っているスクープ衛星画像だ!

・・下記のURLで近隣惑星の高貴な宇宙人達の緊急メッセージを掲載中・・http://nakaotatsuya3.noblog.net/blog/a/10312603.html

宇宙哲学HP「永遠の生命」
人間の進化向上の為の宇宙的な、生命、哲学の啓蒙書で、過去世を思い出す方法やテレパシーの送受信方法や人間の心と宇宙の意識(叡智、命、魂、神)との一体化を経て永遠の生命を習得する方法が記載されており、又、火星や金星、月面等の生命存在を示す米国NASAの探査衛星写真等や宇宙船(UFO)が多数掲載されています、(宗教団体と無関係)
http://www.geocities.jp/eiennoseimei3/index.htm

「人間の目的と義務」宇宙哲学、投稿記事集ブログhttp://d.hatena.ne.jp/eien3/


2008年04月17日(Thu)▲ページの先頭へ
映像「火星人の映像なのか?」
火星探査車(Spirit)からのスクープ映像
                         カテゴリー「火星」「宇宙人」

火星の地表映像に火星人らしき映像物体をNASAが衛星画像で撮影した。米国航空

宇宙局NASAが撮った衛星画像(Spirit)の火星の地表写真に人間のかたちに似ている物体らしきものが撮影されている事が発見されて欧米のネット関係者等で論争が起こっている。現在、NASAはコメントをしていない。

この人間型の衛星画像のクローズアップ映像は今のところ人間か或いは銅像類のようなものか、ハッキリとしないが米国NASA(米軍の監理下)は火星の空の色の青色を赤色系に変えたり火星の人面ピラミッドの衛星画像をぼかしたり、映像の偽造や変容等(最初の元の画像URL http://eien.noblog.net/image/10075450.jpg  )をしているので、また、この人間型映像の隠蔽や画像の工作変容をする可能性もある。

宇宙哲学HP「永遠の生命」http://www.geocities.jp/eiennoseimei3/index.htm

「人間の目的と義務」投稿記事集http://d.hatena.ne.jp/eien3/


2008年03月24日(Mon)▲ページの先頭へ
「月の宇宙人達の建築物群、映像」
「月の宇宙人達の建築物群の映像」
              カテゴリー「月 宇宙人」
月の探査衛星画像のクローズアップ映像だが月面に居住している宇宙人達の建築物群が写っているスクープ映像だ。



2008年03月05日(Wed)▲ページの先頭へ
スクープ映像「第10番目の惑星NOXのボイジャー映像」
スクープ映像「第10番目の惑星NOXのボイジャー映像」

ボイジャー1号は冥王星の外側を公転している太陽系の第10番目の惑星NOXを発見して撮影にも成功している。1993年8月2日、ボイジャー1号は10番目の惑星NOXの周回軌道に入って観測していて映像やデータを送り返していた。データによれば地球の2,3倍あり地球のような大気があり生物の存在も指摘をされているがこれ等の情報は現在もNASAによって隠蔽されている。  元、NASAの職員による情報である。

「人間の目的と義務」宇宙哲学の投稿記事集ブログhttp://d.hatena.ne.jp/eien3/

宇宙哲学「永遠の生命」HP 永遠の生命を得る為の習得書http://www.geocities.jp/eiennoseimei3/index.htm


   


・・当ブログで近隣惑星の高貴な宇宙人達(聖母マリア、イエスキリスト、賢者)の緊急メッセージを掲載中・・
(過去記事は左上の一覧をクリックして最下段の123をクリックで入れます)
当ブログはリンクがフリーです。


新着トラックバック/コメント

現在、地球は大変な天変地異の時を迎えています。空中携挙、地軸の傾斜、地球の振動、大地震、大津波、全ての構造物の倒壊、最後の審判、イエスキリストの再臨、そして新しい黄金の地球文明を2011年〜2012年に迎えようとしていますが一般の方は知らない方が多くて是非、HP「永遠の生命」やイエスキリスト様等のブログや当サイトで知って欲しいと念願しています。事前の心構えを持って頂き大災害に対する御避難と食料の準備をして頂きたいと念願しています。そして宇宙的な生命の法則、原理等の学習をされ進化して頂きたい。

カレンダ
2008年11月
           
           

アーカイブ
2007年 (35)
2月 (22)
3月 (3)
4月 (2)
6月 (1)
9月 (3)
10月 (3)
12月 (1)
2008年 (9)
3月 (2)
4月 (1)
5月 (1)
8月 (2)
10月 (2)
11月 (1)
2009年 (6)
4月 (2)
5月 (1)
7月 (1)
10月 (1)
12月 (1)
2010年 (1)
1月 (1)
2013年 (2)
2月 (1)
5月 (1)

アクセスカウンタ
今日:21
昨日:47
累計:450,079